お茶出来るまで

2月上旬

春肥1:1番茶の品質をあげるために有機質肥料をまきます

2月下旬

春肥2:葉緑素を増やす苦土肥料をまきます。光合成が活性化します。

3月上旬

春肥3:春肥①同様有機質肥料をまきます

3月中旬

春整枝:萌芽前に茶株面をならします。

4月上旬・中旬

芽出し肥:萌芽にあわせ2回にわけ硫安をまきます。

5月上旬~5月下旬

1番茶摘採:遮光資材で1週間ほど遮光したあと摘採します。
日射を制限すると新芽は色が濃くなり、うま味成分が多く、苦渋み成分が少なくなります。

6月上旬

夏肥:即効性である硫安をまきます

6月中旬~7月中旬

2番茶摘採:1番茶と同様遮光をします

8月上旬

秋肥:翌年の1番茶に向け有機質肥料をまきます

10月中旬

秋整枝:2番茶後に伸びた枝を整えて茶株面を作る

9月~2月にかけて堆肥・すすき・竹チップなどの有機物を施します